クレジットカード現金化

個人情報は悪用される?クレジットカード現金化業者の真実は?

クレジットカード現金化が広まりつつありますが、実は業者選びを間違えてしまうとクレジットカード情報や個人情報を悪用されてしまう危険性があるのをご存じでしょうか。

2018/3/2000:13:53
クレジットカード現金化について。

お恥ずかしい話です。
早急にお金が必要で利用してしまいました。
カードの裏面のセキュリティコードも教えてしまいました。
悪用され放題ですよね...
今日の昼間に利用したんですが今から止めても遅いですか...ばかですほんとに。

補足
停止しました。
49800円の商品を買い33000円の振込でした。
ちゃんと振込みはされましたが
本当に49800円で買えてるのかまだ明細が上がらないので不安で眠れません。
血迷ってこんなことするんじゃなかった。

引用:Yahoo!知恵袋

残念ながらこの個人情報やクレジットカード情報の悪用というのは業者による自作自演による評判の操作ではありません。
実際に起こっていることなのです。

では、クレジットカード現金化後の悪用でどの様な被害があったのか、今回はこの記事でご紹介させていただきたいと思います。

クレジットカード現金化で悪用されるケースとは

クレジットカード現金化を利用する際には身分証明書による本人確認の手続きが必要となります。

基本的な自動車運転免許証などの公的な身分証明書に記載されている個人情報があれば十分です。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 本人の画像

この時、一般的にはクレジットカード現金化業者の個人情報の確認と登録手続きにクレジットカードの情報も必要になってきます。

  • クレジットカード情報
  • 銀行口座
  • 現在の本人の写真(免許証)

上記のもので確認をとり、クレジットカードの持ち主による利用ということを確認してからクレジットカード現金化の手続きを行うのです。

この時、業者によってはクレジットカードの両面コピーを送ってくれといってくることがありますが、絶対にしてはいけません。

現金化業者にコピーは渡さない

カード番号、セキュリティコード、名前、この3つが揃ってしまうとクレジットカードはいとも簡単になりすまし利用をされてしまいます。

所在の分からない、信用できない業者などに、このような大切な情報を渡さないようにしましょう。

大事なカードの情報が知られてしまい、不正使用されてしまいます。
もしカードそのものを送ってこい、もしくはコピーを取って送れと言われたら、悪徳業者だと思ってもいいでしょう。

個人情報が悪用されるとどうなる?

クレジットカード現金化で悪用するような業者は、不法に取得した個人情報を使って、主に3パターンの悪事を働きます。

クレジットカードの不正利用

昔はクレジットカードの不正利用といえば、偽造や盗用などカード本体が狙われるものでした。 しかし、ネット決済が盛んになった現代ではカード情報だけを盗む詐欺が急増しています。

カード本体より盗みにくいだけでなく足もつきにくいため、今では不正利用による被害額の70〜80%以上がカード番号の盗用によって発生しているようです。

特に、セキュリティコードと呼ばれるクレジットカード裏面にある3桁の数字とセットで知られてしまえば、そのクレジットカードは第三者でもほぼ使い放題。

このように、初めからカードの不正利用を目的としたクレジットカード現金化業者に引っかかってしまうと、後々身に覚えのない高額請求に苦しめられることになります。

架空請求、スパムメールが来る

カードクレジットカード現金化は特に問題無く利用できたものの、利用後におかしな現象が起きてしまう事が多々あります。
例えば架空請求やスパムメールです。

身に覚えのないメールには絶対に反応せず、無視して削除しましょう。
恐らくカードクレジットカード現金化利用時に、情報漏洩があったと思われます。

最初にいくらか振り込まれれば、この業者は確実にクレジットカード現金化してくれるところだと信じてしまいそうになりますが、振込があったため詐欺に気付くのが遅く、気付いたときには手遅れになってしまうこともあります。

闇金融に勧誘される

クレジットカード現金化業者の中には、お金に困っている人の個人情報を闇金融に売ることで生計を立てている、いわゆる名簿屋という存在が紛れ込んでいます。

  • 審査なしで借りられる消費者金融がある
  • もっといい条件でお金が借りられるところがある

などと言われたら、要注意です。

また、利用時は何ともなくとも、後からいつの間にか銀行口座にお金が入金されていて利子の支払いを強要される押し貸しなどといった被害も報告されています。

現金化後に悪用される被害に遭ったら

このような悪徳業者の手口は巧妙で悪用されてしまった場合、多くの詐欺被害者というのは泣き寝入りをし請求通りの返済をします。

なぜ納得のいかない支払いをするのかというとクレジットカード現金化を利用して被害に遭った場合でも警察やカード会社に報告はできないと考える人がほとんどだからです。

世間ではクレジットカード現金化は違法行為や規約違反といった後ろめたいビジネスであり、それを利用して詐欺被害に遭ったとしても自業自得と思われても仕方がないこと。

しかし、この詐欺業者に対抗するためには

  • 警察への被害届け
  • クレジットカード会社への決済のキャンセル

を行うしか手段はありません。たとえクレジットカード現金化行為が発覚したとしても明らかに詐欺行為のほうが悪質です。
決済のキャンセルができれば請求は来ることは無く詐欺業者も利益とはなりません。

このような詐欺業者の摘発はなかなかできるものではないのですが、被害を食い止めることが現状での最善の方法です。

ショッピング保険による補償はあるの?

クレジットカードの多くは悪用時の損害を補償するショッピング保険を付帯しています。
しかし、ショッピング保険は早めに被害を申告しないと補償してもらえません。
カード明細も見ていない方は補償を受けられず損害を直接被ってしまう事例も多数あります。
カードを使う場合は小まめに明細を確認して、悪用されていればすぐにカード会社に申告しましょう。

その他の必要書類を要求する悪質業者=悪用を疑うべし

クレジットカード現金化では、サービスの種類によって必要書類が異なるので、利用するサービスによって事前に書類を用意しておくことが重要です。

しかし、ここで注意すべきことがあります。

実は、悪質業者には必要のない個人情報まで要求してくることもあるのです。

  • 給料明細
  • 職場の名刺
  • 職場の電話番号
  • 実家の電話番号
  • クレジットカードのセキュリティコード

このような情報を要求されたら注意が必要です。

もし、渡してしまえばクレジットカード現金化後に個人情報を悪用されることも考えられますので、クレジットカード現金化を利用するときは必要になる書類について詳しく知っておきましょう。